秋本道場junglejunction(ジャングルジャンクション)は プロ修斗選手である秋本じんが、青少年の育成を目的とし相模原市緑区橋本に開設した総合格闘技(MMA、レスリング、柔術、キックボクシング)の道場です。

プロ選手

  • HOME »
  • プロ選手

intro01 intro02 intro03
 
■プロ修斗 / インストラクター
jin秋本じん

詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

■ZST
fujiwara「剛腕牛若丸」
藤原敬典(ふじわらけいすけ)

埼玉県深谷市出身
1982年9月17日生まれ

主な戦績
ZST初代バンタム級チャンピオン
ZSTルール(本戦&SWAT):11勝(5KO&4S)3分け
ZSTジェネシストーナメントバンタム級優勝

ウルトラマンメビウス等の制作に携わるなど造形士としての顔を持つ藤原だが運動神経の塊のようなその姿はまさに「闘いの神」の力によって現世に蘇ったダビデの神話。
秋本道場に入門し早くからその素質、人格を買われインストラクターとして道場を支えてきた。
ZSTプロデビューするとKO&一本勝ちを量産する快進撃。軽量級のエースとして参戦したシュートボクシングのリングでも本職の強豪をKO! そして09年5月24日ディファ有明で行われたZST初代バンタム級王者決定戦でKO勝利し、ついに念願のベルトを腰に巻いた! タイトルの防衛を重ねると同時に「夢舞台」DREAMにも参戦。またKOKワルシャワ大会では初のK-1ルールでポーランド王者との激闘も経験。今後は世界レベルでの活躍が期待される!

 

■パンクラス
kawanago「ノックアウトアーティスト75」
川那子祐輔(かわなごゆうすけ)
東京都八王子市出身
1983年2月2日生まれ

主な戦績

LegendFC初代フェザー級チャンピオン
パンクラス:6勝(3KO)2敗1分け
DEEP:1勝(1KO)
パンクラス・プロ決定トーナメントフェザー級優勝
アマパンクラス:3勝(3S)
アマ修斗クラスC:6勝(1S)2敗
キングダムT-1GP優勝

バッタ?それとも中南米人?と言うほどバネのある肉体から繰り出される打投極の技の数々。
残り試合時間ラスト10秒からの跳び膝KO勝利という衝撃的なインパクトを残したパンクラスデビュー戦!その後もパンチ、ハイキックで次々と相手を倒し、さらにはプロ修斗の強豪選手をサッカーキックで失神KO!
「ノックアウトアーティスト」川那子の名は海外でも知られ、アジア・オセアニア最大級のMMAイベント・レジェンドFCに参戦。現在、フェザー級王座1stコンテンダーと言われている。 川那子の成長の軌跡が秋本道場の歴史そのものと言える。ビッグタイトルはもう射程圏内だ!
「ノックアウトアーティスト」川那子の名は海外でも知られ、アジア・オセアニア最大級のMMAイベント「LegendFC」に参戦。
2012年3月31日LegendFC香港アジア・ワールド・エキスポ大会で行われたLFC初代フェザー級王者決定戦で8戦8勝(8SH)無敗の強豪ジ・シャン(中国)と対戦。打投極で圧倒し、1Rフロントチョークで勝利!同期の親友藤原敬典に続き秋本道場2本目のベルトを獲得した!
今後は王座防衛を重ねるとともに世界最高峰「UFC」参戦をねらう!

 

■プロ修斗
inaba「愛 of the タイガー」
稲葉聡(いなばさとし)

神奈川県相模原市出身
1984年6月21日生まれ

主な戦績

2011プロ修斗新人王決定トーナメントライト級3位
全日本アマ修斗選手権3位
アマ修斗南関東選手権優勝
アマ修斗東北フレッシュマントーナメント優勝
アマ修斗北陸選手権準優勝

バスケットボールで輝かしい実績をもつ稲葉は運動神経抜群。そのスピードは格闘技でも際立ちドリブル同様誰も寄せ付けない。
道場ではムードメーカーの稲葉はルックス的に「格闘技界の市原隼人」と話題になっており?ファイトスタイルとともにプロ向きと早くから言われていた。 打投極ともに今、最も伸びている選手の一人であり、またプライベートでも一児のパパになったことから一気に飛躍する可能性は大! トレードマークの虎のタトゥーがリングという四角いジャングルで躍動する!

 

■プロ修斗
kasuya「デンジャラス王子」
粕谷優介(かすやゆうすけ)

神奈川県相模原市出身
1989年11月16日生まれ

主な戦績

2011プロ修斗新人王決定トーナメントウェルター級優勝
ゲージフォース:1勝(1S)
M-1グローバル:1勝(1KO)

アマ修斗東北選手権優勝
アマ修斗北陸選手権優勝
アマパンクラス:2勝(2S)

二人のカリスマ、佐藤ルミナと桜井マッハ速人を凌ぐ逸材と言っても過言ではないほど打投極すべてにおいてずば抜けたパワー&スピード&センスを持つ優介。
「プロ修斗デビュー3試合連続1ラウンド・チョークスリーパー・一本勝ち」という師匠秋本じんの記録に並んだ後も快進撃は続きぶっちぎりでプロ修斗ウェルター級新人王になった! その野性的なMOVE、ルックスとは対照的に普段の彼は超COOL!ミュージシャンAIの実弟という噂も? この超新星のポテンシャルの高さ&スター性は誰もが認めるところであり世界基準のファイターになる日は近い!

 

■ZST
emelson「ギロチンターミネーター」
吾妻エメルソン(あずまえめるそん)
ブラジルParana出身
1972年7月8日生まれ

主な戦績
ZST:9勝(1KO&8S)3敗1分け
ZSTジェネシストーナメントフェザー級優勝
ZSTプレステージトーナメント優勝
アマ修斗東日本選手権・準優勝
全日本修斗グラップリング選手権優勝
COPA-DUMAU優勝
COPA-DELARIVA優勝

秒殺率90パーセント!日本とイタリアの血が流れるブラジル国籍の「ギロチンターミネーター」エメルソンの極めの強さはあまりにも有名。が、実は寝技を始めたのは秋本道場に入門した31歳の時。 それまでは空手一筋で全日本大会で優勝するほどのストライカー。
道場では「ギロチン下ネーター」とも言われるキャラだがリング上での戦闘モードは超ヤバい!窮地に追い込まれてもT-2のごとく再起動システムで蘇り奇跡を起こしてきた。まさにターミネーター!

 

■ZST
kamiya「琉球の壊人(こわしんちゅ)」
神谷勲(かみやいさお)
沖縄県出身
1976年12月5日生まれ

主な戦績
ZSTプレステージ・フェザー級トーナメント 準優勝

「琉球の壊人」はZSTプロデビュー後もそのストライカーとしての能力を発揮。KO勝利を飾ると初のシュートボクシングルールにも挑戦。SB日本スーパーフェザー級4位の強豪・島田洸也からダウンを奪っての判定勝利を収める!
ZST初代フェザー級王者決定トーナメントに参戦。結果、初代王者・奥出雅之にプロ初黒星を喫するも大いなる可能性を印象付けた。  秋本道場初の自主プロ興行「JJ‐FightForce1」ではメインを張り歴史に残る名勝負をKO勝利で飾る! 沖縄が生んだ「熱すぎる男」神谷勲からますます目が離せない!

 

■パンクラス
tsujita「ROUTE129の黒豹」
辻田大祐(つじただいすけ)

神奈川県厚木市出身
1982年8月11日生まれ

主な戦績

パンクラス:3勝(1KO&2S)4敗
パンクラス・ネオブラッド予選トーナメント優勝
全日本コンバットレスリング選手権準優勝

当初、運動不足解消目的で秋本道場に入門。二十代半ば、格闘技経験もなかった入門したての辻田だったが秋本じんに「お前なら絶対にプロになれる」と断言され、格闘技に打ち込む。
その2年半後、全日本コンバットレスリング選手権・決勝戦の舞台で秋本じんとの秋本道場初の同門師弟対決を実現させる! そして09パンクラス・ネオブラッド予選トーナメントで優勝を飾り、ついに秋本道場初のパンクラシスト誕生となった! キャリアを積むにつれ実力を発揮。得意のグラウンドテクニックで勝利を重ねる!

 

■プロ修斗
sato「蘇った侍」
ユータ&ロック(ゆーたろっく)
本名:佐藤優太

神奈川県相模原市出身
1986年8月19日生まれ

主な戦績
全日本アマ修斗選手権3位
アマ修斗北陸選手権優勝
東日本修斗グラップリング優勝
全日本コンバットレスリングオープン選手権優勝
ZSTプレステージGT-Fトーナメント優勝

 

■ZST
abe「シャカリキ・プリンス」
阿部良太(あべりょうた)

神奈川県相模原市出身
1984年5月1日生まれ

主な戦績

ZSTプレステージ・バンタム級トーナメント準優勝

 

 

 

 

■ZST
imazu
「虹色のグラウンドマジシャン」
今津陽介(いまづようすけ)

神奈川県相模原市出身
1983年7月6日生まれ

主な戦績

ZSTプレステージ・ライト級トーナメント優勝
キングダム・オールジャパン・リアルファイティング・トーナメント準優勝
全日本コンバットレスリングオープン選手権優勝

 

 

■ZST
ito「機関銃」
伊藤聖剛(いとうきよたか)

神奈川県相模原市出身
1979年3月19日生まれ

主な戦績

ZSTプレステージGT-Fトーナメント優勝
全日本コンバットレスリングオープン選手権アドバンスの部優勝

 

 

 

■ZST
mori「夢がMORIMORI」
森修(もりおさむ)

神奈川県伊勢原市出身
1973年1月25日生まれ

主な戦績
元・MAキックボクシング・ランキング2位
アマ修斗関東フレッシュマントーナメント3位
ドゥマウ柔術大会・青帯メジオ級優勝
※紫帯に昇格

 

 

 

 

 

■プロ修斗
kobayashi
「空を切り裂く大車輪」
小林正俊(こばやしまさとし)

岩手県宮古市出身
1978年2月21日生まれ

主な戦績

プロ修斗:3勝(2KO)6敗

今や秋本道場の官房長官と言われるマシャ兄こと小林正俊は道場生達の面倒見が良く、良き兄貴分としてみんなに慕われている。
デビュー4連敗を喫していた小林だが、秋本道場への移籍後、不屈の精神力と努力、そして兄貴分としての自覚により実力が開芽。 プロ修斗のリングにおいても名勝負製造機と言われ、特に第4代修斗環太平洋ライト級チャンピオン土屋大喜との激闘はファンや関係者からの評価が高く、実力的にはクラスAと言われている!

 

■プロ修斗
tanizaki
「最強の公務員」
谷崎智仁(たにざきともひと)

三重県志摩市出身
1975年9月14日生まれ

主な戦績

全日本アマ修斗選手権3位
アマ修斗北陸選手権優勝
アマ修斗東日本選手権準優勝

 

 

 

 

 

 

 

■パンクラス
izuru
竹内出

岡山県出身
1974年生まれ

所属
アブソリュート岡山

経歴
第7代パンクラスミドルミドル級王者
全日本コンバットレスリング8連覇etc
 

TEL 090-2736-2209

PAGETOP
Copyright © 秋本道場 junglejunction All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.